読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAMACOROGASHI

30代の鬱症状ありweb業界で働くオタク女子の日々徒然

物事をハッキリと言う人は嫌いじゃないが、普段自己アピールしない人がたまにハッキリ物言うとちょっと違う

会社で

毎回タイトルは長めに付けたいと思っています。

銀魂っぽい感じ?

これは何が言いたいかというと、まぁ100%愚痴なんですけど、職場の女の子のお話。

ウチの会社は結構小さいweb系の会社。

(行政からの案件とアプリの作成などを手がけています。)

人数で行ったら、20人満たないくらい。

私が今の会社に入ったのが今年の3月で、その時には既にいたので上下関係を付けるとしたら先輩。

20代後半(立派なアラサー)で仮にお名前をハナさんとしましょう。

ハナさんはホンワカ森ガール的な女の子。

肌の色が白く、控えめな感じ。

黙々と仕事をして、常にお菓子を食べている。

 

これが最初の印象。

 

デザイナーと言いつつもwebデザインを任せると誰しもが呆れるほどダサいデザインを長時間かけて仕上げてくる。

マークアップは皆が懇切丁寧に教えたのに何一つ理解ができていない。

向き不向きがあるから仕方がない。

私だって好きでもない事は頭に入りづらいし、そう言うのはよく分かる。

しかしある時、練習も兼ねてと上司がペラ1の静的ページのデザインとマークアップを彼女に任せたら「分かりました」と言って、黙々と作業をしていた。

ペラ1のデザインと構築に必要以上の期限付きで。

期限の事もしっていたはずなのに、期限の2日前にも黙って作業を進めている彼女に上司が「明日までに終わりそう?確認の作業も必要だから」そう声をかけた。

するとハナさんは「できません」。

え?聞かれるまでできない事言わないっておかしくね?と入社したての頃の私は思った。

その日、別のデザイナーに「1日でハナさんがやっていたページのデザインを修正してください!」と上司がお願いし、次の日の朝その上司は私に「1日で構築してください。ハナさんが途中まで組んだHTMLがあるから多分流用できます。」と言われた。

ペラ1ならできるかー、とハナさんが組んだHTMLを見てみるとデタラメ…。

ナンダコレハ…

てな感じで前の会社ではレスポンシブサイトを1度も組んだ方がなかったのですが、その日デタラメなHTMLをほぼ0から書き直し、レスポンシブ対応をした。

子供の頃にはこう言う自分からは何にも言えない子っていたけど、アラサーで職場でそれやっちゃマズイでしょ…とドン引き。

 

そんなハナさんは私の向かいのデスクに座っている。

余程浅く座っているのか、1日に何度も脚を蹴られる。

その度に「何が当たったのかなぁ」と言った感じでデスクの下を覗き込むが、謝罪は1度もない。

そして今日、私の肩コリが酷いと言う話をしていたら社長がキーボードを貸してくれた。

普段ノートパソコンスタンドに乗せた状態のノートパソコンと大きめのディスプレイをしようしているが、キーボードを置くためにディスプレイやノートパソコンの位置を調整し、落ち着いたと思ったらハナさんが黙って部屋から出て行き、数秒後にゴミに出してあった段ボールを持って戻ってきた。

上司が「ハナさんどうしたの?」と聞くと「何か目が合うんで…」と返答。

そしてデスクの間に段ボールを設置した。

短時間だが1度も目は合っていない。。

それとも私がそんなに嫌なのか…。

取り敢えず段ボールは見た目がよろしくないので、と伝えて再度ディスプレイの位置と私の座るポジションを調整して妥協してもらった。

そんなデリカシーのない発言が出来るなら普段からできる事はできる、できない事はできないとハッキリ発言してほしいと心の底から思った。

寝る時間をとっくに過ぎて帰宅

会社で

久々飲み会行って来ました。

宣言通り飲み過ぎず、明日のことを考えて過ごしました。

繋がりのある会社の方も来ていたので、余計に飲み過ぎてやらかす事態には陥れないので、帰宅して一安心…。

本当にお酒は怖いですよ。。

社内で飲み会やった時はデスクの下で寝はじめ、先輩に動画を撮られるという事態になったり、前の会社で開いてくれた送別会では号泣し始めどんだけ大変な思いをしたかスピーチしてしまったり、、、お酒の失敗は怖い。

帰ってすぐにシャワー浴びて寝ようと思ったものの、モンストのニルヴァーナやってしまって今に至るわけですが。

もうね、ブログなんか書いてないでサッサと風呂入って寝ろって感じですよね、はい。

まぁ、風呂入ったところで今度はPCいじり始めるんだろうなぁっていう予感がしています。

週の半ばの飲み会は辛い。

初めての人もいて飲み会なのに人見知り全開で心のシャッター閉じっぱなしだったし、30代女子こじらせてます。

 

夜は日付が変わる前に布団に入るのが目標。

日常

最近ちょっとずつ調子が良くなって来ました。

髪の毛バッサリ切って、キノコになって、少しずつ嫌な事はイヤ!と言うようにしました。

職場でも自分が気になる雑用しかやらなくなりました。

今までは、皆が気が付かないから気が付いた自分がやらなくては・・・!と雑用を凄いやっていた。

でも職場の人に「みんな気付いてるのにやらないだけだから、1人でやろうとしなくて良いんだよ」と言われ、確かに自分の意思でやっているのに「みんなやってくれない!」と勝手にイライラしたりしていた。

うん、今考えてみると馬鹿じゃん!

今映画で「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」やってますね。

最初の作品から原作から、全てが大好きなんですが、それを彼と見に行きました。

最初は「多分K(←彼)にとったら映画館で観るほどのものじゃないから良いよ」と言っていたんですが「観たいなら行こう。いつも映画付き合ってもらってるし、観たいならハッキリ言って良いんだよ。そういう細かい事も溜め込まないで」と言われ、あー、溜め込むってこういう事かぁーと今更ながらに自覚しました。

観に行って良かったです。

レニー・ゼルウィガーの顔、変わってましたけど楽しかったです。

 

調子が良くなってから、肌の手入れにも時間をかけるようになったし、今まで放っておいた夜になると脚にできる湿疹の事を調べ、まずは市販薬で・・・と治療も始めました。(調べてみたら皮膚炎っぽかったです)

 

ちょっとずつ視野が広くなってきている気がする。

iPhoneアップデートしたら「ベッドタイム」機能が追加されていて、起きる時間から逆算して寝る時間を知らせてくれる便利な機能を使って、日付が変わる前には布団に入るようにしています。

寝付きが悪いのですが、それでも身体の調子も良い。

これを書いている今も布団の中だしw

 

明日は会社で歓迎会があるので、お酒はほどほどになるべく早くに帰宅して次の日の仕事に支障がないようにしなくては、と思っております。

うん、飲み過ぎないようにね・・・。

絶対に飲み過ぎない!

覇者の塔

モンスト

たまにはゲームの話でも。

初投稿「自分について」でも書いているんですが、モンスト歴2年です。

前職場のデザイナー兼ディレクターの先輩に薦めてもらい彼とともに始めました。

一週間リセマラ(リセットマラソンの略だって知ってました?)して、当時リセマラランキング上位にいたテキーラから始めました。

モンスト モンスターストライク テキーラ

今は活躍の場は本当に少ないキャラクターになってしまいましたが・・・(獣神化に期待!)

 

その後はガチャ運もなく(本当に呪われているんじゃなかろうか思うくらい!)星4のキャラばかり出て辛い思いをしてきました(大袈裟)それ故星5キャラが出ると嬉しさも倍増!

そんなたまこの2年のボックス大公開!

(スクショ撮るのに整理しないこの感じw)

f:id:maricolor-k:20161109230630p:image f:id:maricolor-k:20161109230638p:image f:id:maricolor-k:20161109230645p:image f:id:maricolor-k:20161109230653p:image f:id:maricolor-k:20161109230658p:image f:id:maricolor-k:20161109230707p:image f:id:maricolor-k:20161109230711p:image f:id:maricolor-k:20161109230718p:image f:id:maricolor-k:20161109230724p:image f:id:maricolor-k:20161109230729p:image f:id:maricolor-k:20161109230733p:image f:id:maricolor-k:20161109230736p:image f:id:maricolor-k:20161109230739p:image

モンストさん、月1ペースで「覇者の塔」というイベントを行うんですが、これをクリアする事によりガチャを引くためのオーブが大量にもらえる訳です。

モンストファンは気合いが入るイベントです。

多分もう4〜5ヶ月くらいは全てクリアして毎月オーブを大量にもらってはガチャ爆死していますwww

覇者の塔って言うのは、1階から40階まであるクエストをこなしていくイベントなんですが、難しいのなんのって!

2年もやってる割にはあんまり上手じゃないんで、毎回四苦八苦です。

しかし、この難しいのが楽しいんですよー。

休日とか彼と一緒にモンストやってると超くだらない揉め事が起こる。。

 

たまこ「あそこでミスショットしなければ」

「ごめん」

たまこ「私の体力なのに・・・」

「今度iTunesカードでオーブ返すよ」

たまこ「いらないよ」

 

↑これ、私が彼をなじるパターンw

 

「っっっあーーーーーー!!!マジかぁー!」

たまこ「・・・ごめん」

「あとちょっとだったのにー!」

たまこ「ごめん・・・」

「あー・・・ダメだ」

たまこ「ごめん、私が足引っ張ってるよね・・・。キャラだけ貸すから1人で行って来なよ」

 無言でキャラだけ借りて1人でクエストに行く。

↑これ、彼が卑屈になるパターンw

 

子供と変わりませんよ!

こんなゲームごときで大人が本気になってるんですから、そりゃ子供と変わりませんよ!

 

そんな、大の大人を本気にさせる覇者の塔、何が厄介って、他のイベントと被るのがねぇー・・・

って言っても2週間とちょっと行われているイベントなんで被るのは当たり前っちゃ当たり前なんですが。

今月は一昨日くらいから始まって、私は現在37階まで来ております。

結構良いペース!

 

もしこのブログ読んでくれた方でモンストやってるよ!って方いらっしゃったら是非とも語らいたいですねぇ〜。

 

魂が吸い取られるからとか、そんな理由で写真嫌いなわけじゃない

会社で

おはようございます。

こんにちは。

こんばんわ。

写真嫌いのたまこです。

 

昔から写真が嫌いなんですが、何でかって聞かれるとコレって理由はない。

 

小学校の時に張り出された合唱コンクールの写真。

クラスメイト達は私が同じ場所にいるとは気付かずに「たまこの顔ヤベェな!こんな顔してる!」とちょうど口を大きく開けて写っている私の顔を真似してみんなで笑っていた。

お節介な友達は「やめなよ!たまこちゃん、ここにいるんだよ!」と大きな声で注意した。

クラスメイトの同情の視線が集まる…。

 

こんな書き方するとこれがトラウマか!って思うかもしれないが、そんなこと根に持たない。

・・・多少は気にしたけど。

 

6つ離れた姉がいて、姉は父親に似てハッキリした顔立ちの美人としてご近所さんでもよく褒められていた。

おまけに愛想も良い。

それに比べて私は婆ちゃんそっくりの丸顔で身体つきもヒョロヒョロの長身。

ほとんどエノキ。

まぁ、当然「お姉ちゃんは美人になったわね」的な比較はされる。

 

外見はコンプレックスの塊っす。

 

そんなんだから多分形として残すことに抵抗を感じるのかもしれない。

 

大人になってからは通販サイトに使われるモデルの仕事やアパレルで入荷商品の宣伝を兼ねたブログで写真を撮ったりしてなれてきたつもりではいたけど(お金もらえたから撮ってもらってた感じもあるけどね)。。。

 

何が言いたいかっつーと、うちの会社の自社サイトがリニューアルするらしく、それに伴いスタッフの顔写真載せるっつーんで撮ってもらった写真がどれも酷い!

なんかもうおよげ!たいやきくん並みに「イヤになっちゃうよぅ」って感じなのです。。

 

つーか、Webの会社で顔晒す必要性を感じない。。

何事?

日常

学生の頃の友達ってあんまりいない。

人付き合いが苦手っていうか、その場限りの友達ばかり。

そんな私に高校の時の友達から連絡が。


ショートメールで「近々会えない?」と10年近くぶりに届いたシンプルなメール。


仕事も忙しいし、精神的にも起伏が激しい今日この頃なので「ちょっと忙しいから無理かも」と返したら「来年にはどうなってる身か分からないから会いたかった」と返事が…。


血の気が引きました。


そんな…病気?

大丈夫なの?


踏み出しにくい返答にちょっと戸惑いつつも「病気?大丈夫なの?」と返すとどうやらそうではないらしく、何かトラブっている模様でした。


詳細は分からないからまでも来年もその友人が無事であることを祈るのみ。




明日は楽天で買ったニット帽が届くけど、残業になったら受け取れないなぁ。

取り敢えず明日も仕事頑張ろう。

本屋にて

症状?

今日、正確に言うと昨日、彼と一緒に近所の本屋へ。

彼がマンガのコーナーにいる時に1人で小説のコーナーに行き新刊チェックから平台を一通り観て、更にその奥の専門書コーナーへ。

最近仕事で新しいReduxというフレームワークを使う事になって少し興味があるので何か読みやすいも物はないかと思って足を向けたのは良かったのですが、酷い息切れと動悸が始まり、どうしたら良いのか分からず取り敢えず彼を探してマンガコーナーへ。

するとすぐに近づいて行く私に対して彼の方から「どうしたの!?体調悪い?立ちくらみ?」と質問されようにも頭が真っ白で言葉が出ずに(恐らく)狼狽えた顔をするばかりの私。

取り敢えずどこかで落ち着きたいと思った。

座れる場所があるなら座って、落ち着きたかった。

少しずつ落ち着いてきて「大丈夫落ち着いてきたから。ただちょっと仕事関連の本を見たくてそっちの棚行ったら急に動悸が激しくなり始めちゃって」と説明、多分時間にすると5〜6分位で動悸も息切れも治まったと思う。

その後は普通に少し買い物をしてコンビニに寄って直ぐに帰宅。

その後は何ともなく・・・とは言っても彼から「パソコンを開くのはダメ!仕事に関係する事は今日はもうダメ!」と言われ、彼が寝静まった今PCを開いてブログを更新している訳です。

(別に他意はないけど、ブログを始めた事は彼にも誰にも教えていない。だってこのブログは知り合いに教えない方が私の精神衛生上絶対に良いと思うから!)

 

それにしたって仕事は好きなのに(最近は地味な修正ばかりだけど、それでも好き!)それ関連の事で症状が出るとは本当に悲しい。

今、会社は9時〜18時で働いているけど、10時〜19時に変更してもらおうかと考え中。

通勤の満員電車がストレスになるかも、とか電車の中で変な症状出ても嫌だしね。

ただ早い時簡に帰れなくなるのはイヤだけど。

 

今までも心が折れそうになった事が何度もあったけど、その度にいつも自分に言い聞かせていた。

「私は大丈夫。心が強いから絶対に折れない!気持ちを強く持っておけば絶対に折れない!」

その時は自分の気持ちが折れてしまったら、本当に生活できない状態だったので強く自分に言い聞かせていたんだと思う。

あの頃の気持ちの強さを今も持とうと思う。

私は絶対に折れない。気持ちが強い!絶対に絶対に折れない!

よし!そろそろ寝よう!